カードローンの審査基準とは何か?

審査に有利になるようにするポイントとは!

カードローンに申し込む時に最も気になる項目の一つが審査だと思います。基本的にカードローンは、住宅ローンや教育ローンなどとは異なり比較的、審査に必要な書類なども少なくなっている代わりに借り入れができる限度額を抑える傾向があります。

従って確実に審査に通りたいのであれば、基本的には必要な限度額に設定をするか、できるだけ低い金額で申し込みをする事が審査上においても有利に働く事が多くなるといえます。

カードローンの借入限度額は、一定期間の利用や金融機関との取引状況によっては、限度額の増額をしてくれることもありますし、申し込みの段階で自身の申込金額よりも高い限度額に設定をしてくれることもあります。

カードローンの審査基準は、基本的に年収というものが基本になりますが、消費者金融と銀行では総量規制の問題から、考え方が異なってきます。

消費者金融は賃金法で定められている総量規制の決まりがあるので、年収の1/3を超えた融資は出来ない事になっていますが、銀行の場合は基本的に限度額は銀行側が決定をします。従って、年収はもちろん大切になりますが、どちらかというと安定した職業の属性が最も有利な申込者という事になると考えられます。

簡単に言えば、自営業で年収が高い人よりも、さほど高額の年収ではなくても公務員の方が有利になりますし、借家住まいの人よりも、持ち家でローンが残っていない人の方が確実に有利になると考えられます。

もちろん、過去に借入金の返済の滞納や遅れなどがある人や携帯電話の料金を未払いという人は、いかなる場合においても審査上かなり不利になる事は間違いがりませんので注意が必要になります。

カードローンの審査基準で最も有利になると考えられるポイントは、安定した職業と年収があり、持ち家で住宅ローンがない事が理想で、過去の金融機関との取引状況が良い場合には、優遇をしてもらえる事も考えられますので、銀行のカードローンを申し込むのであれば、そのあたりも視野に入れた選択方法もひとつの方法だと考えられます。

大手消費者金融のカードローンのカードローンでは勤続年数はあまり重要ではない!

カードローンやフリーローンといったキャシング契約を行う場合、勤続年数または期間ということが重要だと言われています。確かに勤続年数は、安定した収入の指標となるため、長い方が良いということになります。

銀行カードローンやフリーローンの場合、勤続年数(または期間)は6ヶ月以上や1年以上という条件設定がされているケースがあるものの、大手消費者金融のカードローンにおいてはそのような条件は設けられていません。

基本的に『20歳以上で安定した収入がある方』と記載があるだけであり、勤続期間が短い方でも契約出来るというのが実情です。

つまり、新社会人の方でも貸付対象となり、勤務先へ在籍確認が行われ勤務していると確認されるだけで収入があるという証明になります。勤続期間が短い場合、利用限度額は低めになるものの、契約出来ないということにはなりません。

また、所得証明書類についても50万円を超える場合、源泉徴収票や給与明細(2ヶ月分と賞与分)となるため、勤続年数に不安がある方は最小限の希望限度額で申し込むことがおすすめです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*