カードローンの注意点を分かりやすく解説!

カードローン利用の際に注意するべき点

カードローンは、キャッシングと同じくらい利用者が多い個人向けの融資サービスです。このサービスを利用する際には、いくつか気をつけておくべきポイントがあります。

カードローンを展開しているのは、銀行・信用金庫などの金融機関、金融機関のグループ会社や大手消費者金融会社です。運営している会社が異なりますと、法律面や金利などが変わってきますので、カードローンという名称でもサービス内容が少し違ってきます。

特に金融機関は貸金業法が適用されませんが、消費者金融会社や信販会社は貸金業法の下で営業を義務づけられていますので、総量規制という仕組みが導入されています。

総量規制は、年収の3分の1まで総限度額が適用されますので、従来のように審査が通れば、複数の会社でお金を借りても総限度額が制限されなかった状況では無くなっていますので、カードローンを選ぶ時には、金融機関で借りる方が限度額の面で有利になっています。

カードローンの金利は、上限で14%から18%ほどですが、融資してもらう金額が高ければ高いほど、金利が低い方で適用されるといった事も知っておくと役立つでしょう。

銀行カードローンは返済期間が長期化し易い?

銀行カードローンの貸付問題は、収入を超えるだけが影響している訳ではありません。むしろ、消費者金融のカードローンと比較して、返済期間の長期化が債務整理者の増加い影響しています。

銀行カードローンの魅力は、金利が低いだけでなく、毎月の約定返済額が少額な点もあります。特に10万円未満の借り入れであれば、最低返済額が2000円と生活に余裕を持たせることも可能です。

しかし、返済期間が長期化し易く、完済までの総返済額が借り入れ額の1.5倍になるケースもあります。一方、消費者金融のカードローンにおいては、10万円なら毎月4000円の返済額となり、銀行カードローンに比べ短期間で返済し易いなどのメリットがあります。

金利が低い反面、返済額が低く抑えられている銀行カードローンについては、より返済計画を綿密に立てる必要があります。そのため、借入期間中は手元に残った現金を全額返済に充当するなど、預貯金を優先しないことが重要です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*